自動車保険の選び方を教えてくれたおもしろい先生

自動車保険の選び方を教えてくれたおもしろい先生

今私は友達と一緒に自動車学校に通っています。友達と一緒なので、分からないことがあれば聞くことが出来ますし、通うのも苦になりません。教官の先生も説明がわかりやすく、おもしろい人ばかりです。私の担当の教官は、おじいさんのような先生でとても優しいです。教習中も私が緊張していると、好きな食べ物の話などをして緊張をほぐしてくれます。ある日教習所内の点検が入るため、2コマと3コマ目の間に30分程休憩が入ることがありました。建物に戻ってもいいと思ったのですが、外がとても暖かくて春らしい気候の日だったので、建物の中に戻る人はあまりいませんでした。私と友達も外で日向ぼっこをして、先生たちも立ち話をしていました。すると一人の先生がタイヤが汚れていると言って、ホースを伸ばしてきました。弱い水でタイヤを洗っていたのですが、急に水が出なくなりました。なんだろうとその先生がホースの先を覗き込むと、勢い良く水が出て先生はびしょぬれになってしまいました。ホースの先を見ると私の担当の先生がホースを踏んでいたのです。先生のお茶目な一面を見て、友達とお笑いしてしまいました。いつもはそんな調子ですが、座学になるとその先生も厳しくなります。自動車保険の選び方の授業の時は特に厳しかったようです。自動車保険の選び方をしっかり学ばないと、万が一事故にあってしまって十分な保障が受けられない可能性があると話していました。もし事故に遭ったとして、自分や相手が大きな怪我をした時にはお金が必要になります。それは自分と相手の一生を左右する程の問題なのです。その為に、厳しく自動車保険の選び方を教えてくれていたのだと思います。

新着情報

おすすめサイト

関連情報